遺言書作成と家庭裁判所の関係について

遺言書作成と家庭裁判所はワンセットです。
相続する人が遺言書を発見した場合、速やかに家庭裁判所に検認の手続きを取らなければなりません。
公正証書遺言は偽造の恐れが無いので検認の必要はありませんが、自筆証書遺言と秘密証書遺言には検認の必要があり、封筒に入って封印のある遺言書も検認の場で開封しなければなりません。
検認をしない・かってに遺言を執行すると民法によって5万円以下の罰金を科せられます。
ただ、検認は遺言の内容が有効か無効かを判断する場ではないので、書かれている事が全て有効と決まるわけではなく、法に反する場合はその部分は無効になります。
遺言書を見つけた場合は速やかに申告しましょう。