遺言書作成と家庭裁判所の関係について

遺言書作成と家庭裁判所はワンセットです。
相続する人が遺言書を発見した場合、速やかに家庭裁判所に検認の手続きを取らなければなりません。
公正証書遺言は偽造の恐れが無いので検認の必要はありませんが、自筆証書遺言と秘密証書遺言には検認の必要があり、封筒に入って封印のある遺言書も検認の場で開封しなければなりません。

検認をしない・かってに遺言を執行すると民法によって5万円以下の罰金を科せられます。
ただ、検認は遺言の内容が有効か無効かを判断する場ではないので、書かれている事が全て有効と決まるわけではなく、法に反する場合はその部分は無効になります。
遺言書を見つけた場合は速やかに申告しましょう。

実際に遺言書作成を行ったら弁護士に

遺言書作成を行って、ある程度完成させることができたとしても、まだ完了していると言えません。これから次の作業に入り、実際に効力を持たせられるようにする遺言書へと変えていきます。そのために必要なのが弁護士で、依頼を出しておかないと確認をしてもらえません。

実際に作ったものを見てもらって、問題なく行われているかチェックしておきます。弁護士が確認して、遺言書作成に問題がないと思われれば、そのまま効力のあるものとして保管することができます。間違っている部分は訂正されるために、訂正部分を書き直してもう1度提出します。

遺言書作成をしたら弁護士に確認してもらいましょう

遺言書作成には細かなルールがたくさんあります。一つでもルールを破っていると、無効になる可能性があります。せっかく書いても無効になってしまっては、意味がないので遺言書を書いた場合は弁護士に相談をして、ルールが守られているのかチェックするようにしてください。

弁護士であればしっかりとルールを把握しているので、有効な遺言書作成をすることが出来ます。伝わりにくい表現をしている場合があれば、書き方をアドバイスしてくれるのでとても便利です。無料でチェックしてくれる事務所もあるので、とても気軽に利用することが出来ますので、遺言書を書いたら必ずチェックしてもらうようにしてください。

遺言書作成は誰に依頼すべきか

遺言書作成については法律家などに相談することなく、自分だけで作成をすることができます。しかしながら、不動産やかかる税金などもありますので、そのようなことをしっかりと理解したうえで遺言書を作成したいと思うでしょう。

遺言書については弁護士や司法書士、税理士などの法律家に相談することが考えられます。所有する財産によって相談をする法律家も変わってきますので、そのことをしっかりと理解したうえで、遺言書作成を相談することが大切でしょう。また、法律事務所によっては複数の法律家が所属していますので、そのような法律事務所を利用してもいいでしょう。

弁護士がおこなう遺言書作成

遺言書の作成についてはライフスタイルが多様化している現代において、今後ニーズが増えてくる分野だと予想されています。遺言書作成の相談については、さまざまな機関や法律事務所でおこなわれていて、無料で相談に応じてくれる場所もあります。

遺言書の内容、すなわち所有する財産によって相続人における争点は変わってきますので、その内容に長けている分野の専門家に依頼することが一番と言えるでしょう。しかしながら、紛争の可能性が高い場合や満遍なく対応をしてもらいたい場合には、弁護士に依頼することが一番と言えるでしょう。

関連