遺留分の請求を相談について

親族が亡くなった場合に、その方が生前記述した遺言書が残されている場合もあることでしょう。その遺言書の内容により、自分にも相続権があるにも関わらず、まったく相続財産を得られないといった事態になる場合もあり得ます。そのような状態になった時に請求できる権利として、遺留分といったものがあります。

これは、最低限受け取ることのできる権利となり、遺言書があったとしてもある一定の割合をもってその財産を相続することが可能となるものです。請求に当たっては法的な手続きが必要となるため、弁護士に相談し、依頼することが一般的となっています。

遺留分は必ず持ってかれます。

財産分与における遺留分についてご存知でしょうか。掻い摘んで説明すると、財産を相続する権利を持っている人間に対し遺言書にて財産を相続させない旨の記載をしていたとしても、財産を相続する権利を持った人間が、自身の割合に相当する権利を主張した場合、法律で定めるところの割合までは相続できないが、多少なりとも授受できるシステムを差しています。

また、生前贈与により財産分与が済まされていた場合でも財産分与により財産を取得できる人間が、財産所有者が死亡後にその事実を知った場合すでに授受している者は授受資格がある者に、返還をしなくてはなりません。

遺留分の内容に関して

遺留分の内容に関しては法定相続人への保証が関わる場面であり、法律においても定められていることになりますので、しっかりと把握しておく必要があるでしょう。故人についてはこの遺留分を考慮し、遺言書を作成することが義務付けられていますが、自分だけで遺言書を作成してしまうとミスが出てしまう場合もあります。

このような場合において、法定相続人はこの最低限の保証を受け取る権利を持っていますので申立てをおこない、返還してもらうことができます。いずれにしても遺産を受け取る上で大切なことになりますので、しっかりと覚えておくべきでしょう。

遺留分とはどのようなものなのか

遺留分というのは、相続人に法律上確保された最低限の財産の事です。わかりやすく言うと、残された家族への最低限の財産保障です。亡くなった人の意思を尊重する為に、遺言書の内容は優先されます。と言っても、特定の誰かに全財産を上げたいなどの内容であった場合に、配偶者、子供、父母は保障されます。

これには減殺請求を出す必要があります。相続開始から1年という期間を知らなくても、10年で時効が成立してしまいます。配偶者や子供の場合は、相続財産の2分の1、親の場合は3分の1になります。しかし、兄弟には保障されていないのです。

遺留分でしっかりと生活をすることが出来ます

遺留分は、遺言書の内容によって、法廷相続人が侵害された法定相続分を取り戻すことが出来る権利です。遺言書は法律で定められており。基本的にはその通りに分割をしていきますが、特定の人物に偏った遺産分割がされた場合は、残された家族が安定的な生活を送る事が出来なくなってしまうので、残された家族が特定の人物に対し、法定相続分を請求することが出来るようになっています。

この権利によって残された家族にも遺産分割が行われ、特定の人物だけに遺産が偏らないようになっています。遺留分によって残された家族の生活は保障されています。

遺産分割協議 って何ですか

遺産分割協議は、遺言書がない場合に、相続人全員が集まって、相続人全員の合意で、亡くなった方の遺産の分け方を決める事です。スムーズに遺産相続がおこなえるように、必ず相続人全員が参加する事が必要になります。相続人全員が合意した内容を書面にまとめて、後々トラブルが起こらないようにするためのものです。

話し合いでどうしても合意できない場合は、家庭裁判所で遺産分割をする事になります。相続税の優遇措置を受ける為には、相続税の申告時期の前までに遺産分割が終わっている事が必要になります。相続開始から10カ月以内です。

遺産分割協議について

遺産分割協議というのは、亡くなった方の遺産の相続先が複数人いるときに発生する話し合いのことを指します。この際、具体的に話し合う必要があります。協議には相続人全てが参加することが前提であり、一人でも欠けていると認められません。そしてその議論の結果に得られたものを記したものが遺産分割書と言います。

これは相続人の数だけ作成し、必ず本人の署名と印鑑が必要です。また、この遺産分割書は作成してもしなくてもいい場合があります。しかし遺産の相続問題はとてもデリケートなので、相続先の証明として残しておくため作成することを推奨されています。

遺産分割協議が必要な時

遺産分割協議は、遺言書がない時に開かれるものです。法定相続人全員が参加することが必要です。もしも後になって参加していない相続人がいることが分かった場合には、協議がやり直しになりますので注意しましょう。しっかりと相続人を確認することから始められます。全員が話し合いで納得できれば、協議書を作成します。

そのために必要となる書類があり、被相続人の出生から死亡にいたるまでの戸籍謄本です。これは本籍地のある役場で手に入れることができます。不動産登記簿は、法務局で入手可能です。亡くなった方の預金通帳、印鑑登録証明書は、相続人の住民票のあるところに行くともらえます。

遺産分割協議を行わない方法

遠方に住んでいたり、仕事などが忙しい場合において遺産分割協議に参加できないケースもあるでしょう。しかしながら、基本的には全員参加であることがあげられますので、遺産を受け取れない可能性も出てきます。そのような事態においては、弁護士に依頼し仲介に入ってもらうことで相続人の遺産分割を取り次いでくださいます。

この方法であれば電話やメールなどでやり取りをすることが可能になりますので、スムーズにおこなうことができるでしょう。いずれにしても相続人全員が満足いくかたちで相続を終えることが大切ですので、弁護士にサポート依頼しましょう。

遺産分割協議に参加する

遺産分割協議に参加する事は、相続人として当たり前のことであります。このようなことを考えると、遺産相続は面倒に感じてしまう人もいるでしょう。しかしながら、故人から財産を受け継ぐ良い機会となりますので、しっかりと対応することが大切でしょう。

話し合いについては内容に納得がいくまで続けられますので、時間がかかるケースがあります。そのようになってしまうと非常に大変でありますので、弁護士などの法律家に進行役を依頼するのが無難であります。相続人全員が納得できれば、最後に遺産分割協議にサインと捺印を押し決定になります。

遺言書作成時は検認についても配慮すること

遺言書作成をする際は、相続する人が検認を受けなければならないことを考慮するべきです。

検認とは、家庭裁判所が遺言書の存在と内容を確認するために調査する手続きのことを言います。
内容が有効か無効かを決める場ではないので注意が必要です。

手続きが必要なのは、自分で作成する自筆証書遺言と秘密証書遺言で、公証役場で作成された遺言書には偽造の可能性がないために必要ありません。

遺言書を家庭裁判所に提出しない・必要な手続きを経ないで遺言を執行したり、封印のある遺言書を家庭裁判所以外で開封すると、民法により5万円以下の罰金に処されます。遺言を残す場合は、必要な手続きのことも記しておきましょう。

弁護士への相談も可能な遺言書作成

資産を所有する方にとって遺言書作成を進める事は、生前のうちに済ませておきたい大きな課題の一つでもあります。自分が亡くなった後、遺族の間で資産を巡るトラブルに発展しないよう、遺言書を正しく作成することが要素として重要です。

どのように作成を行えば良いか分からない場合など、弁護士への相談が活用できます。また、状況や記載内容によっては公証人や公証役場の介入が必要なケースもあり、法律に沿った正しい情報を取り入れることが、遺言書の作成における大切なポイントでもあります。遺産に対する唯一の意思表示として、有効な遺言書を作成したいものです。

遺言書作成を弁護士に依頼する費用

遺言書作成を弁護士に依頼するといくらくらいかかってしまうのでしょうか?基本的に法律事務所に依頼した場合には作成だけでなく、依頼主が亡くなって実際に遺言書が必要になるまでの保管も行ってくれますし、その遺言書を遺族に渡すというところまで含めた依頼になります。

法律事務所では着手金がかかりますので、着手金プラス10万円というのが相場のようです。着手金というのは法律事務所によって大きな差がありますので、1社だけを見て決めるのではなく、ある程度の事務所を比較検討することが大切です。後々のことを考えて、自分が信頼できるなと思った人に依頼してみてくださいね。

遺言書作成を弁護士に依頼すると・・・

遺言書作成を弁護士に依頼する最大のメリットは遺言書に間違いがなく、確実にその遺言書を最優先に遺産相続の手続きが進んでいくことです。基本的に遺産相続において一番優先されるのが遺言書になりますので、自分の意見が反映されることになります。

また遺言書作成後にはそのまま法律事務所で保管ということになりますので、誰かに書き換えられてしまう心配もありません。また自室遺言書の場合には開封する時に裁判所の印鑑が必要になってくるのですが、弁護士代理で作成してもらったものに関してはそれが必要ありません。すべて対応してくれるという点でとても頼りになります。

遺言書作成で有効とされる条件

被相続人が死亡したときに、遺言書作成が必要になってきますが、この遺言書には有効となる条件があります。法律上で定められている直筆証書遺言では、四つのポイントに注意しなければなりません。全文本人の直筆でなければならなく、特定できる日付を記載する他に、遺言者の署名と押印がなければ無効となります。

この書き方に注意すれば、内容の制限はありませんが、遺産や不動産を決められた方に相続させたい時には、必ず名前を明記しておくことで、相続争いを回避することができます。弁護士に頼む方法もありますが、自分でもしっかりと書き方を守って、有効な遺言書を作りましょう。

きをつけたい遺言書作成

遺言書作成は、誰でも簡単にすることができます。しかし、その内容は、遺留分を侵害するものであってはいけません。

遺留分とは、一定の親族関係にあるものに認められる相続分です。

これは、一定の身分の者にとっては、相続分が生活に必要な場合もあるため、それを守るために定められています。もしこれを侵害する内容にしてしまっても、その限度で無効となります。もちろん、権利者がそれを主張しなければ、自分の遺言書作成した内容が有効になります。

しかし、後からトラブルにならないように、最低限、その範囲を侵害しない内容の遺言書作成をしておくべきです。

遺言書作成後の管理について

言う間でもなく遺言書作成を行う事は大切ですが、遺言書作成後の管理についても大切と言えるでしょう。

遺言書作成を済ませた後の事についてもどうするか考えたいですね。

調べながら作業を行う事で、自分で遺言書作成を行う事も可能だと思います。

しかし、きちんと保管しておき、その時になると家族に見つけてもらえるという事ができるかどうかわからないという時には、遺言書作成を行う際に自分で行うのではなくて、公正証書遺言書の形式を採用しておく事で、記載を終えた物を公証役場に保管する事ができます。

どこに保管したか分からなくなってしまったりする事もありませんね。また、司法書士や弁護士などに保管の依頼をするのもいいでしょう。