遺留分で安定した生活を送る事が出来ます

遺言書の内容によっては、法定相続分を侵害されることもあります。侵害されてしまうと残された家族は、安定的な生活を送る事が出来ないので、法廷相続人は遺言書を一部否定して、法定相続分を取り返すことが出来るようになっている権利を遺留分といいます。

遺言書は法律で定められているので、誰にどれだけの遺産をあげるのか、自由に選択をすることが出来るようになっていますが、残された家族が安定的な生活を送る事が出来ないような遺言書であれば否定をして、偏りを是正することが出来るようになっている権利で安定的な生活を送る事が出来ます。

遺留分って結局どういう制度なの?

遺留分という言葉を知っていますか?こちらの言葉は相続に関わったことがない人にはあまり関係がない単語ですので、知らない人も多いと思うのですが、遺言書に親族の記載がなかった場合に、その親族が遺産を相続した人に対して請求することができるという制度です。請求できるのは故人の両親もしくは配偶者、子供です。

兄弟は請求する権利がありませんので、注意しましょう。また、そのような権利があると知っていた場合は、故人が亡くなってから1年以内に請求できます。知らなかった場合は、10年以内なら請求できる権利があるので、万が一のことがあった時には、確認してみてください。

遺留分はこういった時に適用される

遺留分がどういった時に適用されるのかといと、遺言書に家族の名前などが一切書いておらず、第三者の、赤の他人だけにすべての財産がいくようになっている場合に、家族(配偶者、両親、子供)が計算に基づいて出てきた金額を、遺産を相続した人に対して請求できるという権利です。

例えば愛人がいたとして、その人にすべての遺産がいくような遺書が残されていたとしても、故人の配偶者、両親、子供であれば、自分が受けとることができるはずの遺産を請求することができます。期間も10年と長いので、そういったことが自分の周りにないかどうか確認してみてくださいね。

遺留分の詳細について

遺留分の詳細についてはあまり知られていませんが、故人の遺言書が提示されたケースでは重要な部分でありますので、しっかりと理解しておくことが大切になるでしょう。個人が作成した遺言書において、故人の意思が反映されたものでありますが、時として遺族にとって不利になってしまうこともあります。

そのようなことを防ぐためにも、法定相続人に定められている人は、最低限の分け前が法律によって保証されています。このようなことを知らないと、遺留分をもらえなくなってしまう可能性もありますので、法律家のサポートを得ることで主張することができるでしょう。

法廷相続人には遺留分を相続する権利があります

遺言書よって、法定相続分をもらうことが出来なくなってしまった法廷相続人が、一定の割合で遺言書の内容を否定し、法定相続分を取り戻すことが出来る権利を遺留分といいます。法律では、故人の好きなように、遺産分割を行う事が出来ると定められているので、基本的には遺言書通りに遺産分割を行います。

しかしながら全財産を愛人与えるなどといった偏った遺言書であれば、残された家族の生活が不安定になってしまう可能性がありますので、遺言書の内容がすべてではなく、一部否定をして法定相続分を愛人から取り返すことが出来るようになっています。

関連