遺産分割協議って何を決めるのか

相続財産をどのように分けるか、相続人全員で話し合って決めていくことを、遺留分分割協議書といいます。全員が同意しなかった場合は、家庭裁判所で遺産分割を行うことになります。基本的には指定分割や法廷分割によって、遺産を相続するのが一般的ですが、相続人全員で決めても構わないのです。

協議は相続税の申告期限までに完了させて、遺産分割協議書を完成させておく必要があります。なぜなら、遺産分割が終わっていないことになり、相続税の優遇措置を受けられなくなるケースがあるからです。必ず期限までに終えるようにしてください。

遺産分割協議ってなに?

遺産分割協議という単語を聞いたことがあるでしょうか?若い方にとっては、あまり聞き慣れないかもしれません。しかし、今後結婚をして親戚が増えてくると、ひょっとすると必要とされるかもしれません。そのため、覚えておいても損はありません。

故人が亡くなった時に遺言書が残されていなかった場合、残された遺産をどのようにして分割するのかということを協議するというものです。この際に誰がどの財産をどれだけもらうのかを話し合います。遺言書が残されていた場合にこちらが開かれないのは、その場合遺言書が最も優先されるからです(遺産相続において1番は遺言書)。

遺産分割協議の必要性

遺産分割協議の必要性については、遺産の受け取るのを希望しているのであれば、必要なことになってくるでしょう。お金のような分けやすい遺産であれば、親族間でのトラブルも起こりにくいことがあげられますが、遺産が不動産などの分けにくい遺産だった場合には、注意が必要になってくることでしょう。

また、遺産の金額が小さい場合においても遺産のトラブルは発生していますので、災厄を考え行動した方がいいでしょう。弁護士であれば、紛争時に対応をしてくださいますので、万が一に備えて弁護士に相談し依頼しておいてもいいでしょう。

遺産分割協議の内容に関して

遺産分割協議の内容に関しては、相続人全員が納得した内容であればそのことに従い、相続手続きをはじめても差し支えはないでしょう。このことについては遺産分割協議書に自分の名前や印を押しますので、そのことが証明になります。

万が一、遺産を分ける内容が決まらないようであれば、決まるまでおこなわなければいけなくなり、非常に煩わしいことがあげられるでしょう。そのようにならないためにも弁護士などの法律家に進行役を依頼し、スムーズな遺産の相続をしていくべきでしょう。法律事務所によって、遺産相続を得意としているところがありますので、そのような場所に依頼することをお勧めします。

遺産分割協議は全員参加が必須です

遺産分割協議は、相続人全員が参加した会議で、遺産を誰が相続するのかを話しあい、全員が同意すれば、成立する協議です。基本的に遺産を分割する場合は、指定分割か法廷分割によって遺産を分割していきますが、相続人全員が同意をすれば、自由に分割をすることが出来ます。

しかし相続人の全員が参加をし、全員が同意をしなくては効力を発揮することが出来ません。一人でも不参加者や同意していなければ無効となり、家庭裁判所で遺産分割を行うことになります。全員参加し同意した場合、は遺産分割協議書を作成し、保管しておく必要があります。

関連