タグ別アーカイブ: 大阪

遺留分の請求を相談について

親族が亡くなった場合に、その方が生前記述した遺言書が残されている場合もあることでしょう。その遺言書の内容により、自分にも相続権があるにも関わらず、まったく相続財産を得られないといった事態になる場合もあり得ます。そのような状態になった時に請求できる権利として、遺留分といったものがあります。

これは、最低限受け取ることのできる権利となり、遺言書があったとしてもある一定の割合をもってその財産を相続することが可能となるものです。請求に当たっては法的な手続きが必要となるため、弁護士に相談し、依頼することが一般的となっています。

遺留分は必ず持ってかれます。

財産分与における遺留分についてご存知でしょうか。掻い摘んで説明すると、財産を相続する権利を持っている人間に対し遺言書にて財産を相続させない旨の記載をしていたとしても、財産を相続する権利を持った人間が、自身の割合に相当する権利を主張した場合、法律で定めるところの割合までは相続できないが、多少なりとも授受できるシステムを差しています。

また、生前贈与により財産分与が済まされていた場合でも財産分与により財産を取得できる人間が、財産所有者が死亡後にその事実を知った場合すでに授受している者は授受資格がある者に、返還をしなくてはなりません。

遺留分の内容に関して

遺留分の内容に関しては法定相続人への保証が関わる場面であり、法律においても定められていることになりますので、しっかりと把握しておく必要があるでしょう。故人についてはこの遺留分を考慮し、遺言書を作成することが義務付けられていますが、自分だけで遺言書を作成してしまうとミスが出てしまう場合もあります。

このような場合において、法定相続人はこの最低限の保証を受け取る権利を持っていますので申立てをおこない、返還してもらうことができます。いずれにしても遺産を受け取る上で大切なことになりますので、しっかりと覚えておくべきでしょう。

遺留分とはどのようなものなのか

遺留分というのは、相続人に法律上確保された最低限の財産の事です。わかりやすく言うと、残された家族への最低限の財産保障です。亡くなった人の意思を尊重する為に、遺言書の内容は優先されます。と言っても、特定の誰かに全財産を上げたいなどの内容であった場合に、配偶者、子供、父母は保障されます。

これには減殺請求を出す必要があります。相続開始から1年という期間を知らなくても、10年で時効が成立してしまいます。配偶者や子供の場合は、相続財産の2分の1、親の場合は3分の1になります。しかし、兄弟には保障されていないのです。

遺留分でしっかりと生活をすることが出来ます

遺留分は、遺言書の内容によって、法廷相続人が侵害された法定相続分を取り戻すことが出来る権利です。遺言書は法律で定められており。基本的にはその通りに分割をしていきますが、特定の人物に偏った遺産分割がされた場合は、残された家族が安定的な生活を送る事が出来なくなってしまうので、残された家族が特定の人物に対し、法定相続分を請求することが出来るようになっています。

この権利によって残された家族にも遺産分割が行われ、特定の人物だけに遺産が偏らないようになっています。遺留分によって残された家族の生活は保障されています。

遺言書作成時は検認についても配慮すること

遺言書作成をする際は、相続する人が検認を受けなければならないことを考慮するべきです。

検認とは、家庭裁判所が遺言書の存在と内容を確認するために調査する手続きのことを言います。
内容が有効か無効かを決める場ではないので注意が必要です。

手続きが必要なのは、自分で作成する自筆証書遺言と秘密証書遺言で、公証役場で作成された遺言書には偽造の可能性がないために必要ありません。

遺言書を家庭裁判所に提出しない・必要な手続きを経ないで遺言を執行したり、封印のある遺言書を家庭裁判所以外で開封すると、民法により5万円以下の罰金に処されます。遺言を残す場合は、必要な手続きのことも記しておきましょう。

弁護士への相談も可能な遺言書作成

資産を所有する方にとって遺言書作成を進める事は、生前のうちに済ませておきたい大きな課題の一つでもあります。自分が亡くなった後、遺族の間で資産を巡るトラブルに発展しないよう、遺言書を正しく作成することが要素として重要です。

どのように作成を行えば良いか分からない場合など、弁護士への相談が活用できます。また、状況や記載内容によっては公証人や公証役場の介入が必要なケースもあり、法律に沿った正しい情報を取り入れることが、遺言書の作成における大切なポイントでもあります。遺産に対する唯一の意思表示として、有効な遺言書を作成したいものです。

遺言書作成を弁護士に依頼する費用

遺言書作成を弁護士に依頼するといくらくらいかかってしまうのでしょうか?基本的に法律事務所に依頼した場合には作成だけでなく、依頼主が亡くなって実際に遺言書が必要になるまでの保管も行ってくれますし、その遺言書を遺族に渡すというところまで含めた依頼になります。

法律事務所では着手金がかかりますので、着手金プラス10万円というのが相場のようです。着手金というのは法律事務所によって大きな差がありますので、1社だけを見て決めるのではなく、ある程度の事務所を比較検討することが大切です。後々のことを考えて、自分が信頼できるなと思った人に依頼してみてくださいね。

遺言書作成を弁護士に依頼すると・・・

遺言書作成を弁護士に依頼する最大のメリットは遺言書に間違いがなく、確実にその遺言書を最優先に遺産相続の手続きが進んでいくことです。基本的に遺産相続において一番優先されるのが遺言書になりますので、自分の意見が反映されることになります。

また遺言書作成後にはそのまま法律事務所で保管ということになりますので、誰かに書き換えられてしまう心配もありません。また自室遺言書の場合には開封する時に裁判所の印鑑が必要になってくるのですが、弁護士代理で作成してもらったものに関してはそれが必要ありません。すべて対応してくれるという点でとても頼りになります。

遺言書作成で有効とされる条件

被相続人が死亡したときに、遺言書作成が必要になってきますが、この遺言書には有効となる条件があります。法律上で定められている直筆証書遺言では、四つのポイントに注意しなければなりません。全文本人の直筆でなければならなく、特定できる日付を記載する他に、遺言者の署名と押印がなければ無効となります。

この書き方に注意すれば、内容の制限はありませんが、遺産や不動産を決められた方に相続させたい時には、必ず名前を明記しておくことで、相続争いを回避することができます。弁護士に頼む方法もありますが、自分でもしっかりと書き方を守って、有効な遺言書を作りましょう。

相続手続き代行を弁護士や司法書士に依頼

専門用語もたくさん出てきそうな相続手続きは、すべて自分たちで背負い込む必要はありません。

相続手続きは代行も利用でき、必要に応じて自分たちで代行を利用するかどうかという事を決定できます。

相続手続きにはいつでも自由に行えばいいというものばかりではなく、中にはいつまでに行わないといけない、と決まっているものもあります。慌てると良くない結果を招く事もあります。相続手続きの専門家はその判断を適格に行い、急ぐ事から順番に行ってくれるでしょう。

一度専門家である弁護士や司法書士に相続手続きの申し込みをするだけです。
精神的にゆとりを持って行う事ができるのではないでしょうか。

家族と話し合いをしてどうするのか結論を出したいですね。

遺言書作成は被相続人となる人が認知症の場合には不可

相続が発生した際、遺された人達の争いを防ぐためにも、遺言書作成は必要と言えますが、遺言書作成の要件として、作成する人に判断能力が備わっていなければなりません。

もし、認知症の診断がある場合には、その時点で判断能力が無いと判断されることになりますので、遺言書の作成は不可能となります。

公正証書での遺言書を作成する場合には、作成が可能か否かの判断は公証人が行うことが出来ますが、自筆の場合には、その遺言書作成の日付が問題となります。もし、認知症の診断以降の日付で作成されている場合には、当然遺言の効力は無くなります。

遺産相続手続きでは注意点を忘れずに

一番遺産相続手続きで避けたいトラブルと言えば、争いや喧嘩ではないでしょうか。

争いや喧嘩にならない様に慎重に行う事は、重要な注意点と言えそうです。遺産相続手続きでは注意点を忘れずにしたいですね。

また、遺産相続手続きにおいて注意点は他にもあり、法律に従って行うという事も大事になってきます。

実際の遺産相続手続きではやる事が結構たくさんあったりしますので、注意点を守りつつ無事にできるか不安なら、法律家に代行を依頼する事も可能です。

法律家が行えば、注意点も丁寧に指導してくれますので、遺産相続手続きの中でも協議など必要な部分を行えばいいので、とても助かると感じている人も多い様ですね。