タグ別アーカイブ: 大阪

遺言書作成時は検認についても配慮すること

遺言書作成をする際は、相続する人が検認を受けなければならないことを考慮するべきです。

検認とは、家庭裁判所が遺言書の存在と内容を確認するために調査する手続きのことを言います。
内容が有効か無効かを決める場ではないので注意が必要です。

手続きが必要なのは、自分で作成する自筆証書遺言と秘密証書遺言で、公証役場で作成された遺言書には偽造の可能性がないために必要ありません。

遺言書を家庭裁判所に提出しない・必要な手続きを経ないで遺言を執行したり、封印のある遺言書を家庭裁判所以外で開封すると、民法により5万円以下の罰金に処されます。遺言を残す場合は、必要な手続きのことも記しておきましょう。

相続手続き代行を弁護士や司法書士に依頼

専門用語もたくさん出てきそうな相続手続きは、すべて自分たちで背負い込む必要はありません。

相続手続きは代行も利用でき、必要に応じて自分たちで代行を利用するかどうかという事を決定できます。

相続手続きにはいつでも自由に行えばいいというものばかりではなく、中にはいつまでに行わないといけない、と決まっているものもあります。慌てると良くない結果を招く事もあります。相続手続きの専門家はその判断を適格に行い、急ぐ事から順番に行ってくれるでしょう。

一度専門家である弁護士や司法書士に相続手続きの申し込みをするだけです。
精神的にゆとりを持って行う事ができるのではないでしょうか。

家族と話し合いをしてどうするのか結論を出したいですね。

遺言書作成は被相続人となる人が認知症の場合には不可

相続が発生した際、遺された人達の争いを防ぐためにも、遺言書作成は必要と言えますが、遺言書作成の要件として、作成する人に判断能力が備わっていなければなりません。

もし、認知症の診断がある場合には、その時点で判断能力が無いと判断されることになりますので、遺言書の作成は不可能となります。

公正証書での遺言書を作成する場合には、作成が可能か否かの判断は公証人が行うことが出来ますが、自筆の場合には、その遺言書作成の日付が問題となります。もし、認知症の診断以降の日付で作成されている場合には、当然遺言の効力は無くなります。

遺産相続手続きでは注意点を忘れずに

一番遺産相続手続きで避けたいトラブルと言えば、争いや喧嘩ではないでしょうか。

争いや喧嘩にならない様に慎重に行う事は、重要な注意点と言えそうです。遺産相続手続きでは注意点を忘れずにしたいですね。

また、遺産相続手続きにおいて注意点は他にもあり、法律に従って行うという事も大事になってきます。

実際の遺産相続手続きではやる事が結構たくさんあったりしますので、注意点を守りつつ無事にできるか不安なら、法律家に代行を依頼する事も可能です。

法律家が行えば、注意点も丁寧に指導してくれますので、遺産相続手続きの中でも協議など必要な部分を行えばいいので、とても助かると感じている人も多い様ですね。

遺言書作成の決まった方法を守る

自分がいなくなった時の事を考えるのであれば、遺言書作成の時に決まった方法を守る事を考えないといけませんね。

遺言書作成の方法を知りたいのであれば、インターネットで調べる、もしくは専門書を活用する、そして法律家に教えてもらったり、または代行してもらったりするという方法が考えられます。

パーフェクトな遺言書作成を目指したいというのであれば、法律家に代行してもらうという方法などがいいかと思います。

手っ取り早く遺言書作成を終えてしまいたいのであれば、本で調べる方法などがあります。

書類や遺言書作成のサンプルがあると、少しは楽に作業を終える事ができるかと思います。自分が一番いいと思う様なやり方を選択したいですね。