カテゴリー別アーカイブ: 相続手続き

預貯金の引き出しと相続手続き

相続が発生すると、被相続人名義の預貯金は、相続人に承継されます。ただし、被相続人が死亡した事実を、金融機関が把握した場合には、被相続人名義の預貯金は凍結されるので、相続人といえども自由に引き出すことはできません。

お金を引き出したければ、相続人全員が手続きに関与する必要があります。具体的には、相続人全員で作成した遺産分割協議書を用意するか、相続人全員分の戸籍謄本等および印鑑証明書を用意する必要があります。

相続人同士の仲が良くない場合や相続人が遠隔地に住んでいる場合など、こうした書類の作成や収集が困難なときは、弁護士や司法書士といった法律家に相談して相続手続きを依頼するのが良いでしょう。

相続手続き代行を弁護士や司法書士に依頼

専門用語もたくさん出てきそうな相続手続きは、すべて自分たちで背負い込む必要はありません。

相続手続きは代行も利用でき、必要に応じて自分たちで代行を利用するかどうかという事を決定できます。

相続手続きにはいつでも自由に行えばいいというものばかりではなく、中にはいつまでに行わないといけない、と決まっているものもあります。慌てると良くない結果を招く事もあります。相続手続きの専門家はその判断を適格に行い、急ぐ事から順番に行ってくれるでしょう。

一度専門家である弁護士や司法書士に相続手続きの申し込みをするだけです。
精神的にゆとりを持って行う事ができるのではないでしょうか。

家族と話し合いをしてどうするのか結論を出したいですね。

遺言書作成で相続の意思をしっかり遺す

相続に対する自分の意思を遺すために遺言書の作成は必須です。

遺言書作成は、まだ意識がはっきりとしている間に作成しておくことが大切です。

遺言書には自筆証書と公正証書があります。
自筆は、代筆やワープロ・テープレコーダーは禁止で、自筆で全部言葉を遺す証書です。相続人に自分のメッセージを遺すこともできます。費用はかかりません。

公正証書は役場に作成してもらう証書です。費用はかかりますが、保管を役場で行ってもらえるので、安心で確実な遺言を残せることになります。

遺言書作成には法に従った書き方をしないとその効力を発揮することができないので注意が必要です。

遺産相続手続きでは注意点を忘れずに

一番遺産相続手続きで避けたいトラブルと言えば、争いや喧嘩ではないでしょうか。

争いや喧嘩にならない様に慎重に行う事は、重要な注意点と言えそうです。遺産相続手続きでは注意点を忘れずにしたいですね。

また、遺産相続手続きにおいて注意点は他にもあり、法律に従って行うという事も大事になってきます。

実際の遺産相続手続きではやる事が結構たくさんあったりしますので、注意点を守りつつ無事にできるか不安なら、法律家に代行を依頼する事も可能です。

法律家が行えば、注意点も丁寧に指導してくれますので、遺産相続手続きの中でも協議など必要な部分を行えばいいので、とても助かると感じている人も多い様ですね。

大事な遺産相続の手続き

多くの人は遺産相続の手続きと言えば、いくら受け取る事ができるのかという事について気になっている事だろうと思います。

しかし、遺産相続の手続きは、お金を受け取るだけではありません。時には、遺産相続の手続きばかりに気を取られてしまっていて、借金まで引き継いでしまうという事もあります。

生前に借金をしていた人は、遺産相続の手続きの際に要注意ですね。また、自分が知らない所で借金をしている人もいるので、遺産相続の手続きの時には油断をしない様にしたいですね。借金が発覚した場合には、放棄するという事を行う必要があります。結果としてマイナスの方が多いという人は、できるだけ急ぐ様にしたいですね。