月別アーカイブ: 2016年7月

きをつけたい遺言書作成

遺言書作成は、誰でも簡単にすることができます。しかし、その内容は、遺留分を侵害するものであってはいけません。

遺留分とは、一定の親族関係にあるものに認められる相続分です。

これは、一定の身分の者にとっては、相続分が生活に必要な場合もあるため、それを守るために定められています。もしこれを侵害する内容にしてしまっても、その限度で無効となります。もちろん、権利者がそれを主張しなければ、自分の遺言書作成した内容が有効になります。

しかし、後からトラブルにならないように、最低限、その範囲を侵害しない内容の遺言書作成をしておくべきです。