月別アーカイブ: 2016年3月

遺言書作成と未成年の相続人

例えば、孫が未成年であるという場合には、ぜひ遺言書作成をしたいですね。

未成年の場合には、話が少しややこしくなるという事が考えられます。ですので、遺言書作成をしてトラブルにならない様に配慮する必要があるかと思います。未成年の若い人こそ、遺言書作成をして揉め事に巻き込まれない様に注意する必要があるかと思います。

本来ならトラブルになってしまうというケースであっても、遺言書作成をしている事によって、何事もなく解決できるという事も考えられます。

未成年の相続人がいるケースの他にもややこしくなる事が予想されるケースについては、遺言書作成を行う事で、もしもの時に備える様にしたいですね。