預貯金の引き出しと相続手続き

相続が発生すると、被相続人名義の預貯金は、相続人に承継されます。ただし、被相続人が死亡した事実を、金融機関が把握した場合には、被相続人名義の預貯金は凍結されるので、相続人といえども自由に引き出すことはできません。

お金を引き出したければ、相続人全員が手続きに関与する必要があります。具体的には、相続人全員で作成した遺産分割協議書を用意するか、相続人全員分の戸籍謄本等および印鑑証明書を用意する必要があります。

相続人同士の仲が良くない場合や相続人が遠隔地に住んでいる場合など、こうした書類の作成や収集が困難なときは、弁護士や司法書士といった法律家に相談して相続手続きを依頼するのが良いでしょう。