遺言書作成者は封筒を正しく管理する必要が

弁護士と共に遺言書作成を実践した後は、きちんと封筒に入れて保管しましょう。
保管場所は人それぞれでOKです。しかし、遺産相続が必要になった時、残された遺族がしっかりと発見出来る場所にしなければいけません。

封筒は泥棒などに盗られないように厳格に保管しなければいけませんが、遺言書作成者だけが分かる秘密の場所に置いてしまうと、遺族が気づかないまま、土地や株券などの相続作業が進められてしまいます。
信頼出来る家族にだけ保管場所を生前に伝えておく、あるいは遺言書の保管用にセキュリティ力の高い大型金庫を買う等、重要書類を厳格に管理・保管する術を考えましょう。