遺言書作成で記載しなければならない事項

日本では、自由に遺言で相続について指定することが可能です。ただし、遺留分と言って、一定の割合分は、法定相続人の権利を害してはいけませんが、それを害する内容であったとしても、それを侵害しない限度で有効です。

自由に内容を定めて作成することができるといっても、遺言書作成方式は民法の決まりを守らなくてはならず、その決まりを守っていない場合は無効となってしまいます。特に最も重要な記載事項が、自筆の署名と印鑑を押すことです。これがなければ遺言書としては無効です。自筆である必要があるので、ワープロでの印字も無効になります。

遺言書作成を弁護士に依頼

遺言書作成については遺産分与に関することになりますので、財産を所有している人であれば慎重におこなわなければいけません。そのような観点からいくと、司法書士や税理士などの法律家に依頼しても間違いではないでしょう。しかしながら、一番間違いないのは弁護士でしょう。

遺言書の内容によっては遺産の紛争などが予想されますので、そのような事態をできる限り回避する為にも、弁護士に対応してもらうことが間違いないでしょう。法律事務所によっては、相続を専門に取り扱っているところもありますので、そのような事務所に依頼するといいでしょう。

遺言書作成は必ず行いましょう

遺言書は亡くなった方が残された家族に充てる最後のメッセージです。特に遺産が少しでもある方は、遺産を巡り残された家族がバラバラになってしまうことも多々ありますので注意が必要です。遺言書には法律によって、細かくルールが決められています。直筆でなければいけない、本名でサインをしないといけない等細かく設定されていますので、遺言書作成を行ったら弁護士にルールを守れているのか確認してもらうようにしてください。

一つでもルールを守れていない場合は、無効になってしまう場合もありますので、せっかく遺言書作成をしても意味がないことになってしますので、必ず弁護士に見せて確認をするようにしてください。

弁護士業務の一つである遺言書作成

弁護士業務の1つである遺言書作成については方式がいくつかあり、自身だけで遺言書を作成することも可能です。しかしながら、内容がはっきりしない場合や法を守っていない場合には、無効となってしまう可能性があります。

こういったリスクが考えられますので、遺言書をせっかく作成しても、無駄になってしまうことがあります。不足の事態を避けるためには、弁護士などの法律家に依頼することで、大凡の間違いはないでしょう。専門的な知識だけではなく、これまで多くの遺言書作成に携わってきていますので、多くのアドバイスをしてくれるでしょう。

遺言書作成はどの法律家に依頼すべきか

ライフスタイルがさまざまになった現代において、遺言書作成する人も増えている傾向にあります。遺言書についてはさまざまな弁護士をはじめとする法律家に作成のサポートを依頼することができます。そのようななかで、どの法律家に相談すべきか迷う部分でもあるでしょう。

自分一人で考えがまとまらない場合には、遺言書について相談無料でおこなっている窓口などがありますので、まずはそこで相談してから決めてもいいでしょう。遺言書作成については、家族の構成の変化やライフステージの変化において、買い替えが必要になってきますので、人によっては何度も書き換える必要が出てくることでしょう。

遺言書作成の相談なら弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪府大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

大阪で遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】

関連