遺留分が兄弟姉妹にない理由

兄弟姉妹の遺留分減殺請求権がないのは、被相続人がなくなったころには、兄弟姉妹は、それぞれが独立して生活していることが多いと考えられるからです。兄弟姉妹の経済状況は被相続人の財産をあてにしなければいけない状態ではないと考えられます。

独立していることを踏まえて、相続人の財産形成に兄弟が貢献している可能性は低いです。そういったことから、兄弟姉妹に請求権はありません。もしも、被相続人の財産形成に巨大姉妹が寄与したのであれば、権利を主張する事も出来ます。遺留分は、相続開始前に持っていた財産から生前贈与の分を加えた分から債務を引いて計算します。

遺留分の内容を正しく知ろう

遺産を相続しなければならない時は、誰しもあるでしょう。しかし、必ず全額がもらえるなどの保障はありません。被相続人が作成する遺言書によって、相続人以外の方が遺産をもらうこともあります。そのようなときは、相続人がもらえるよう法律で定められている「遺留分」が請求できます。しかし、この手続きをするには、個人で行うことが難しいので、専門家の弁護士の力が必要です。弁護士に依頼することによって、手続きはスムーズになり、万が一裁判になった場合には、そのまま代理人として依頼をすることができます。遺留分の内容を知って、しっかりと自分の遺産を確保しましょう。

遺族に補償された遺留分について

遺留分というのは法定相続人が最低限保障される相続財産の割合の事です。本来であれば財産は生前に贈与を行う、遺言書に沿って相続手続きを行うというのが一般的ですが、この制度によって被相続人の処分が一定限度で制限されています。

この制度が定められている理由としては、相続がある意味相続人の今後の生活保障にあたるという点、被相続人が築き上げた財産は相続人のおかげである部分も考慮する必要があるという点が挙げられます。遺留分を相続する権利を有しているのは配偶者、子供、両親等の親族のみであり、兄弟姉妹にはこの権利は認められていません。

遺留分を得るための手続き

遺留分は、配偶者、子供、直系尊属に保障された最低限の遺産の取り分です。被相続人は、自分の財産を自由に処分する事ができます。しかし、残された相続人の生活の保障のために、相続人保護の立場から最低限の財産を保障しています。

相続人が複数いるのに、特定の相続人に、全てを譲ると遺言を残すのは、他の相続人の分を侵害する事になります。たとえば、配偶者と3人の子供がいる場合に、長男にすべての財産を譲るという遺言の場合です。しかし、法的には有効になるのです。自分の相続分を得るためには、遺留分減殺請求をする必要があります。

遺留分の権利のある人とない人

遺留分は法律で認められている、一定の条件を満たしている相続人への権利です。遺言書の内容にかかわらず、法律で保障された分を相続する権利があります。しかし自動的に認められるわけではありません。家庭裁判所に申し立てをする必要があります。

請求期限は決まっているため、期限は過ぎないように注意しましょう。請求するためには、相手の住所地などを管轄する家庭裁判所へ、必要な書類と一緒に申し立てをします。申し立てに必要な費用は、収入印紙1200円分と連絡用の郵便切手です。申し立てに必要な書類は、被相続人の戸籍謄本、相続人全員の戸籍謄本、遺言書の写しなど他にも必要です。

関連