遺産相続手続きに際しての控除金額とは

遺産相続手続きが発生した場合に、まず相続人の頭を悩ませるのは、遺産をどのように分割するのかということと、相続税の金額がいくらになるのかということでしょう。遺産分割については、相続人の人数や、立場によって遺留分が定められ、相続人間相互で協議し、合意に基づく遺産分割協議書を作成し、全員の印鑑と印鑑証明書を揃えます。

相続税の金額については、遺産分割協議書に記載される評価財産の全員の合計額から、3000万円+相続人1人に付き600万円を差し引いた額が相続税を算定する上での評価額となりますので、例として相続評価1億円、相続人3人の場合は、1億円-(3000万円+600万円×3)=5200万円に対して所定の税率に基づく納付額を計算し、相続人がそれぞれ納付するということになります。