遺産分割協議で公平な遺産相続を

遺産相続手続きを進めていく時に、家族や兄弟間の関係がギクシャクすることが少なくありません。昨日まで仲の良い兄弟だったのに、どうしてと不思議に思わざるを得ません。遺産分割を公平かつトラブルなしにおこなうなら、遺産分割協議を実施した方が良さそうです。

遺言書が見つかっていれば、この時に持参します。開封されていても問題ありませんので、必ず持参します。疑問があれば、相続問題に詳しい弁護士に相談します。遺産相続は法律に従うことが必要なので、素人判断で進めることをすべきではありません。日頃から遺産相続について考えて、知識を増やしておくのも効果的でしょう。

遺産分割協議の前に確認しておきたいこと

遺産分割協議というのはご家族やご親族等が亡くなられた時に、その方の所有する財産を今後どの様に保存、運営、または譲渡をして行くかを家族、親族間または弁護士と共に相談する事です。

亡くなられた方にご家族が居られてそのまま問題なく受け継がれる時や、御本人が御生前に遺言書等を遺して居られる場合には、御本人やご家族の意思の元に受け継がれます。近年では、お一人暮らしの方々やケアホームで老後を穏やかに過ごして行く方々も多く居らっしゃいます。優良な機関やボランティア機構に寄付をされれば有意義な運営も希望が持てます。お一人暮らしの方々はご自分の財産をこの様に受け継いで欲しい等のご希望を伝えておくと良いと思います。

遺産分割協議におけるトラブルについて

遺産分割協議におけるトラブル事例として死亡者と家族との間で遺言書の作成がされていないケースがあります。兄弟姉妹の人数が多い場合や家族同士が離れた地域で住んでいる場合は誰の取り分が多いかで揉めることも珍しくありません。

そういった場合はまずは弁護士などの中立の第三者による立ち会いが解決の近道となります。それでも解決することが難しい場合は家庭裁判所の遺産分割調停を申請しての話し合いになります。裁判官の立ち会いによってお互いの意見や不満点を確認しながら解決への道筋を探っていきます。話し合いがまとまった後には調停調書が作成され、それが遺言書の代わりの効力を発揮します。

全員参加で遺産分割協議を行ってください

遺産を分割する場合は、協議をして決める場合と、遺言書に沿って決める場合があります。遺言書の内容で相続人に相違が無い場合は、問題なく解決することが出来ますが、遺言書が確認出来ない場合は、残された家族で遺産分割協議を行います。

この協議は相続人が全員参加で分割協議を行う事がルールとして決められているので、一人でも欠席の場合は、無効となってしまいます。相続人が子供であっても参加をし、分割協議に相違が無い場合は、遺産分割協議書を作成し、全員が署名し保管しておくことで遺産を分割していくことが出来ます。それまでは、遺産を分割することが出来ません。

遺産分割協議で大事なもの

遺産分割協議では誰が相続するための資格を持っているのかということを把握しておくことも勿論大切なのですが、それと同じようにどういった財産が残っているのかを把握しておくことが大切です。もしどういった財産が残っているのかわからなければ、分割のしようがありませんよね?

そのためにも分割協議を行うことが決まったらまずは財産目録を作ることをお勧めします。こちらを作ってさえしまえば誰もが一目見て「こういったものが残っているのだな」ということがわかります。最初はとても手間がかかりますが、これがあることで誰もが同じ資料を見ることができるので非常に便利です。

関連