遺産分割協議ってやり直すことがあるの?

遺産分割協議は、基本的に一度全員が協議の内容に納得して、印鑑を押した場合にはやり直しは認められません。そのため内容に納得がいかないような場合には自分の印鑑を押す前に意見を申し立てなければなりません。(印鑑を押したということが、自分がその内容に納得したという証明になってしまうため)

しかしやり直しが義務になることがあるのですが、それが後から他に相続人が出てきた場合です。協議は相続人全員で行うことが決められています。そのため、相続人が一人でもかけていた場合、連絡がとれなかったけれどすべて協議が完了してから連絡が取れるようになった場合でもやり直さなければなりません。

遺産分割協議の詳細について

遺産分割協議については、基本的には遺産を受け取る相続人全員が出席し、遺産の分与を決めていく方法になります。この方法については、遺産分与の内容が決議するまでおこなっていくことがあげられます。

万が一、泥沼化してしまった場合においては、法廷まで持ち込まれるケースもありえますので、そのような事態を避けるためにも、弁護士などの法律家に依頼する事は必要なことでしょう。遺産分割協議などを開催できない場合には、弁護士に仲介してもらうことで、直接的会うことなく遺産の分与を決めることができますので、そのような方法を上手に利用しましょう。

遺産分割協議の内容について

自分の親族が亡くなった場合において、必ず発生するのが遺産相続ですが、ケースによっては相続のトラブルに発展してしまい対立せざるおえないケースもあります。そのようなケースを避けていくためにも、円満な遺産相続をおこなうのが必要不可欠になるでしょう。

遺産分割協議は、相続人同士でどのように遺産を分けるか話し合いをおこなう場になります。故人が残した遺言書などがある場合には、その通りに遺産相続をおこなうことができますが、ない場合には話し合いをおこなわなければいけません。そのような点をしっかりと踏まえて遺産相続をおこなっていくことが大切です。

遺産分割協議を実施する

遺産分割協議を実施する場合において、必要となってくるのが相続人の全員の参加であること、故人の残した遺産をしっかりと選定することです。このようなことを行い、しっかりと遺産の相続が行えるようになります。遺産についてはたとえ少しの内容であっても、法律にのっとり分けたり相続したりしなければいけません。

たとえ、借金であっても遺産になりますので、残された被相続人が遺産放棄をおこなう必要があります。色々と煩わしいことが出てきますので、しっかりと法律家に対応してもらうことで漏れのないようにすることが大切でしょう。

遺産分割協議を開催する

遺産の相続をおこなっていくにあったて、相続人の誰にどの遺産を分け与えるのかを決める必要があります。遺言書などがある場合には、そのようなことをする必要はありませんが、ない場合には一から決めなければいけないことがあげられます。

その場合において、遺産分割協議を開催する事は、その場で遺産の分与を決める機会ともなります。開催できる時間は限られていますので、遠方の親族などがいた場合には早めに決めていくことが望ましいでしょう。弁護士に依頼すれば、進行役としてうまく進行をおこなっていってくれることがあげられるでしょう。

関連