相続手続きに関しては弁護士と相談した方が良い

若くして癌等の病気になり相続人が未成年の子供しかいない場合には、本人としては自分の死後のことがとても気になります。
小さな子供に相続に関することは分からないので、その場合には弁護士や司法書士に相談してよく相談することが大切です。
また自分の死後に相続人間で遺産について揉めたら大変なことになるので、遺言書もしっかりと遺しておいた方が良いです。
その場合には遺言書作成について弁護士等と相続相談をして、相続手続きについてしっかりと話し合っておくことがとても重要になってきます。
自分の死後に無用な揉め事を起こさないようにすることも、父親としての大切な責務であるのです。