相続手続きに関しては専門家に相談するのが良い

自分の財産を相続人以外の人に上げたい場合には遺言書を書く必要がありますが、その書き方が分からずに困っている人も中にはいます。
例えば自分の孫に財産を相続させたい場合には孫の父親、つまり自分の子どもがいる場合には遺言書を遺してその旨を書く必要があります。

ただその書き方を間違えた場合には遺言書は無効となってしまう場合があるので、そのようなことを防ぐためにも予め弁護士や司法書士等の法律家にその書き方を教えてもらうことが大切です。
遺言書作成方法については本当に複雑なので大変なこともありますが、今では相続手続きについて相続相談を行っている法律事務所も沢山あります。
ですからそのような所に行って色々と教えてもらうのが良いです。

相続人同士で円滑に相続手続きを進める

故人が亡くなった後、相続人同士で円滑に相続手続きを進めようと思っていても、思わぬ遺産の内容でもめてしまうようなケースもあるようです。そのようなことが内容にするには、生前に記載された遺言書が必要とされますが、不可能になってしまうこともあるでしょう。それであれば交通事故を得意にしている弁護士に依頼をおこなうべきでしょう。

そうすることで後腐れなく相続手続きを進めることが可能になるでしょう。交通事故に強い弁護士の探し方については、インターネットで探すことが可能になりますので、しっかりと探してみましょう。

相続手続き の全体の流れを知る

被相続人が亡くなった時から相続が始まります。亡くなったことの連絡や、通夜、葬儀、火葬、などあわただしい日が続きますが、相続手続き には期限があるものが存在する事を忘れないようにします。遺言書が有るか無いかの確認も大事です。

遺言書の内容が納得できるものであれば問題はないのですが、予想もしないとんでもない内容であった場合は、親族など遺留分を請求できる権利があるならば、家庭裁判所に遺留分減殺請求の申し立てをします。相続を知ってから1年以内に請求をしなければ無効になってしまうので、期限内に書類を用意して申し立てをします。

相続手続きをする時期について

相続手続きをするにあたって、死亡した方の預金などを把握し、銀行へ出向き手続きを取らなくてはなりません。銀行だけでなく市役所にも出向く必要があり、手続きを取りに行く時間帯も平日の営業時間内に出向くことが一般的なため、核家族化により実家の相続などで田舎に出向き仕事を休まなくてはならないことがあります。

仕事をしている方にとって、平日仕事を休み遠方へ出向き時間の掛かる相続手続きをすること、それは大変なことで、多くの方が企業の夏季休暇をとるお盆の時期に銀行へ出向く人が多いようです。銀行では夏季休暇はなく、カレンダー通りの営業日程のため手続きを取る時期としてはお盆の時期が最適です。

財産以外の相続手続きに注意

葬儀を終えたら、親族などの相続人同士で相続手続きについて話し合う必要があります。気を付けたいのは、不動産や現金などの財産のほかに借金などの負債も相続に含まれるという点です。財産で賄える金額であれば問題ありませんが、返済しきれないほどの高額であった場合には相続放棄をするとよいでしょう。

また、財産と借金のどちらが多く残っているのか分からない場合、限定承認という方法があります。家庭裁判所への申請や相続人全員の同意が必要など、手続きが煩雑ですので、弁護士へ依頼するとスムーズに解決できるでしょう。また、相続放棄は三ヶ月以内に申請する必要があるので、故人の借金が発覚したら速やかに手続きを進めましょう。