相続手続きと遺言書

相続について、親の再婚に子供たちが反対するといった場合があります。
子供たちにしてみれば、他人に親の遺産の半分を持っていかれるのは面白くないのでしょう。

相続人全員による遺産分割協議で問題が生じる心配がある場合は、遺言書の作成をしておきましょう。
子供も再婚相手の方も納得できる結論がなかなか出ない場合は、経験豊富な弁護士に相談してみるのも良いでしょう。

遺言書作成後も、状況の変化によって内容の見直しが必要となりますが、確認するようにして後のトラブルを防げるようにしておきましょう。
相続手続きにはいろいろなトラブルがつきものであることは覚悟する必要があります。だからこそ、入念に準備をする必要があります。

相続手続きをスムーズに済ませるために

相続手続きをスムーズに済ませたいのなら、早めに法律事務所へ依頼しておくとよいでしょう。銀行や役所は基本的に平日しか開いていないため、会社勤めの場合、書類を集めたり戸籍を取得するだけでも一苦労です。また、どんな財産があるのか調査をしたり、不動産の名義変更などもする必要があります。

また、親族が多い場合には分配を決めるのも難航します。弁護士や司法書士といった第三者を挟むことにより、法律に基づいた適切な配分を勧められるので、遺恨もなく解決へとつながるでしょう。どこの法律事務所がいいのか悩んでいるのならば、無料相談を活用して、説明がわかりやすく丁寧なところに依頼をしましょう。

相続手続きの流れについて

葬儀の後、種々の期間内に相続手続きを行うことで遺産相続を行うことができます。まず、死後7日以内に死亡届を提出します。14日以内に年金受給停止や介護保険農資格喪失などの届け出を出し、遺言書の確認、相続人の確定、遺産分割協議の開始などの手続きを行います。

相続人間で相続放棄や限定承認の意思確認を3カ月以内に行い、個人の所得税の確定申告を行った後、速やかに遺産分割協議書の作成、所有不動産の名義変更登記などを行います。死後10カ月以内に相続税の申告と納付、遺留分相殺請求が行われる場合は1年以内に請求を行い、遺産相続が行われます。

遺族の相続手続きによる負担を減らすために

故人に財産があった場合、各相続人の分配を決め、相続手続きを行います。家族がこれからの生活で不自由しないようにと残されるものではありますが、介護の貢献度合いや遺留分など、相続の分配量について親族間で揉め事になりやすいのも事実です。これを出来るだけ避けるため、もしくは故人の遺志を表明するために遺言書が作成されます。

書き方に決まりがあるため、弁護士など法律の専門家立ち合いのもと作成するのが望ましいでしょう。また、財産の洗い出しをしておくと遺族の負担も軽減できます。遺留分を考慮した分配の比率についても相談するとよいでしょう。

自分は関係ないと思っている人が多い相続手続き

みなさんは「相続問題」聞くと、自分には関係ない問題として普段想像すらしていないと思います。突然のことに誰もが直面したとたん「どうしたらよいのだろう」と途方にくれるはずです。人に死は突然やってくるものです。親が亡くなった時、それまで仲のよかった兄弟姉妹が相続問題になると暗雲立ちこめた関係に、なんて話身近に聞いたことあるのではないでしょうか。

そうした人間関係が悪くなる前に、我が社の名前を思いだしてください。相続手続きのプロが、相続財産を適正にはじき出し、あなた自身が相続人となった時、適正、かつ安心の相続手続きを行ないます。もちろん人間関係はそのまま、お約束いたします。

相続手続きの相談なら弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪府大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

大阪で遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】