相続手続きと借金

亡くなった方が借金を残していた場合、そのままでいれば相続人が借金も引き継ぎ、相続人が借金を返済しないとならなくなります。
そんな時、相続人が借金を支払わなくて良いように「相続放棄」という権利が与えられます。
しかし、借金という物は親族に内緒でしていることがほとんどです。
ずいぶん後になってから借金が判明した場合は「相続放棄」もできなくなりますので注意しましょう。
「相続放棄」は借金等のマイナス財産はもちろん、プラスの財産も全て相続しないということになります。
借金の有無がわからない時点で、相続するか相続を放棄するかの判断が難しい場合は、相続する財産の範囲内で借金を返済する「限定承認」という方法があります。
「相続放棄」「限定承認」を選択する場合は3ヶ月以内に家庭裁判所で手続きを行います。