相続手続きと借金

亡くなった方が借金を残していた場合、そのままでいれば相続人が借金も引き継ぎ、相続人が借金を返済しないとならなくなります。
そんな時、相続人が借金を支払わなくて良いように「相続放棄」という権利が与えられます。
しかし、借金という物は親族に内緒でしていることがほとんどです。

ずいぶん後になってから借金が判明した場合は「相続放棄」もできなくなりますので注意しましょう。
「相続放棄」は借金等のマイナス財産はもちろん、プラスの財産も全て相続しないということになります。

借金の有無がわからない時点で、相続するか相続を放棄するかの判断が難しい場合は、相続する財産の範囲内で借金を返済する「限定承認」という方法があります。
「相続放棄」「限定承認」を選択する場合は3ヶ月以内に家庭裁判所で手続きを行います。

遺産相続手続きの内容に関して

遺産相続手続きの内容に関しては、遺言書がない場合において、故人が残した遺産内容について話し合いをおこなう必要があるでしょう。それぞれの相続人においては、要望があることが予想されますので、そこからトラブルなどのリスクが生じてしまうことがあげられます。

そうしたトラブルを回避するには、弁護士や司法書士に依頼することで、解決できるケースもあるでしょう。トラブルになってしまいますと、想定していたよりも時間がかかってしまいますし、余計な費用がかかる事は確実でしょう。そのことに注意して取り組んでいくことが重要になってくることでしょう。

相続手続きの期限を知る

相続手続き には忘れてはいけない期限があります。忘れて期限が過ぎてしまえば、不利益が降りかかります。例えば3か月以内に手続きをしなければいけない、相続放棄を忘れてしまえば、相続と同時に、被相続人のマイナスの分まで相続してしまう事になります。

この時にマイナスの分を差しひいた、プラス分だけを相続する限定相続の期限も3か月以内ですが、限定相続は一人だけで選択できません。相続人全員で手続きをする事が必要になります。他には、相続を知ってから1年以内に申し出て手続きが必要な、遺留分減殺請求も期限内の手続きを忘れれば相続分が少なくなります。

相続手続きを進めていく

故人が亡くなり、悲しむ間も無く葬儀や遺産相続になります。そのような場合においては、弱っていても遺産相続手続きを進めなければいけません。放棄すれば話は別ですが、多くの人が遺産を相続することでしょう。そうなれば、期限内に故人の遺産を相続することが求められますので、早めに遺産相続をするべきでしょう。

そのようなシーンにおいて協力しあって早く終わらせたいものですが、相続人においてはそれぞれの利害がありますので、トラブルになってしまうようなこともあります。そういった事態を防ぐためにも、弁護士に依頼をするべきでしょう。

悔いの残らない相続手続き

故人がなくなった後にしなければいけないこととして、相続手続きをあげることができるでしょう。この手続きについては相続人にあたる人に権限があります。遺言書がなく、遺産放棄をしていない相続人においては、遺産の分け前を話し合う必要があるのです。

この話し合いの内容によっては、相続人同士でトラブルに発展してしまうようなケースもありますので、最新の注意を払って対応をする必要があるでしょう。弁護士などの法律家に依頼することで、そのようなトラブルも回避できますので、迷うのであれば弁護士に依頼することをおすすめします。